【サステナブルな香りアイテム】パロサントとホワイトセージ

【サステナブルな香りアイテム】パロサントとホワイトセージ

はじめて香りに興味を持ったのは学生の頃。

大好きだった古着屋さんの匂い・・。

ガーネッシュの『8』番。

今でも大好きな香りでたまに焚きます。

今まで育ってきた環境で嗅いだことのなかったオリエンタルなお香の香りは

心が躍り、かっこいい大人になった気分でした。

ガーネッシュの8番は私の香り好きの歴史の始まりなのです。

その後、

飼っていたペットのノミ対策と

お家のダニ対策にアロマテラピーを勉強していくうちに

エッセンシャルオイルにハマり

現在に至る。。

色々な香りアイテムを試してきた中から今日は

天然の香りアイテム

パロサントとホワイトセージ

をご紹介します。

目次

【サステナブル】パロサントとホワイトセージの香りで癒しを。

この記事はこんな人向け

⚫︎お香やアロマのように香りを楽しみたい
⚫︎精神を落ち着かせて、リラックスしたい
⚫︎ウッディな自然の香りが好き 

『聖なる樹』パロサント

スペイン語で『聖なる樹』や『神の樹』と呼ばれ、

先住民が魔除けとして使用していた香木だそうです。

最近ではサステナブルな(天然の)香りアイテムとして、

じわじわと人気が高まってきているようです。

パロサントって何?

主に南米の沿岸地域で育つ、天然の香木

国からの保護を受けているので

自然に生きている木を伐採することはできません。

何十年も経った自然に枯れて落ちてきた木のみ

収穫することができます。

✔︎ 空間を浄化し、心が落ち着く
✔︎ 虫が嫌がるリモネンが豊富なので虫除け効果も有
✔︎ 置いておくだけでほんのりいい香り
✔︎ 火をつけると甘いお香のようなウッディな香りに変化

オシャレな部屋のアイテムとして人気が高まってきているパロサント。

置いておくだけでも流木みたいでオシャレなのに、

香木なので良い香り。

更に火をつけると香りが変化して心と空間の浄化にもなり、

虫除けにもなるですって!?

ゴリラ(メス)

欲しい!

パロサントの使い方は?実際に使ってみた

パロサントはそのまま置いておくだけでも十分にその香りを楽しむことができますが、

火を着けて燃やすと、ほんのりと甘い香りにも変化します。

まずはパロサントを持ち下から火を着けます。

palosanto

しばらくすると煙が出てくるのでお線香のようにソッと火を消します。

palosanto

燃えないトレーの上に置き香りを楽しみます。

おかき

火をつけるとウッディで甘いお香みたい!

※消えているのか分かりづらいので終わったら必ず耐熱皿の上に置きましょう。

『神聖な天然ハーブ』ホワイトセージ

古くから

ホワイトセージには浄化する力があるといわれており、

気分が落ち込んでいる時、空間がよどんでるような気がする時などの

浄化アイテムとして人気です。

セージって何?

セージは

ネイティブアメリカンが神聖な儀式の時に使用していたのが始まりだそうで、

1000年以上の歴史を持つ天然ハーブの一種です。

おかき

セージの中でもホワイトセージは特に浄化の力が強いとされているんだよ。

✔︎ ハーブの一種なので薬草のような自然独特の香り
✔︎ お香のように炊くことで集中力アップ
✔︎ 気分を落ち着かせてくれる
✔︎ 人やモノ、空間を浄化してくれる

ホワイトセージを焚いた煙が、

心のモヤモヤだけでなく、

パワーストーンの浄化や空間もリフレッシュしてくれるですって!?

ゴリラ(メス)

スピリチュアル!!

ホワイトセージの使い方は?実際に使ってみた

ホワイトセージに火を着けます。

white sage

煙が出たら火を消して、耐熱皿に置き

浄化したいものをその煙にくぐらせたり、

部屋に煙を軽く行き渡らせます。

white sage

ホワイトセージの独特な香り・・・

すき♡

香りは自然の独特の香りですが

子供達も大好きないい香りで、

炊いた後はなんだかスッキリしたような感じが

します。

【まとめ】パロサントとホワイトセージ

パロサント

✔︎ 自然に枯れて落ちた木のみ収穫できる天然の香木
✔︎ 置いておくだけでもほんのり香る
✔︎ お洒落
✔︎ 虫除け効果もあり
✔︎ 心や空間を浄化

ホワイトセージ

✔︎ 神聖な天然のハーブ
✔︎ お香のように焚くと浄化できる
✔︎ セージの中でもホワイトセージは浄化の力が強い

是非、

おうちのリラックスタイムやリモートワークのリフレッシュに

サステナブルな香りアイテム『パロサント』と『ホワイトセージ』

試してみてください♪

foot-pochipp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次