安いキャンドルは危険!?|安全でおしゃれなキャンドルおすすめ6選

当ページのリンクには広告が含まれています。

キャンドルは、部屋をおしゃれに演出し、リラックス効果をもたらすアイテム。

アロマが香るものから焚き火気分が味わえるものまで、本っ当にたくさんのおしゃれなキャンドルがあって、選ぶ楽しさもありますよね。

しかしですよ。

いキャンドルは、健康に悪影響を及ぼす可能性があることを知っていますか?

リラックスできると思って使っているのに、じつは体に害があるかもしれないなんてこわいですよね。

そこで今回は、

  • キャンドル使うとき知っておきたいリスク
  • キャンドルを選ぶときのポイント
  • 安全でおしゃれなおすすめキャンドル

を紹介、お伝えします☺︎

安心してキャンドルを楽しむための参考にしてくださいね。

目次

キャンドルのリスクを知ろう

安いキャンドルなぜ危険と言われているの?

じつは、安いキャンドルは、低品質の材料が使われていることが多く、有害な化学物質を含むこともあるんです。

すぐにおすすめキャンドルを見たい人は【Clickしてジャンプ】できます。

材料|石油系ワックスが使われていることが多い

まずは、キャンドルの土台となるワックスの材料です。

安いキャンドルの材料によく使われているのが、石油系ワックスと呼ばれるもの。

例えば、

パラフィンワックス
石油由来のワックスで、燃焼時にススや有害な煙を発生させることがあります。

ジェルワックス
パラフィンワックスと同じく石油系のワックス。

石油系ワックスで作られたキャンドルは、安くて手軽に手に入れやすいですが、燃焼した際の煙から有害物質が発生する可能性があります。

キャンドルを使用する際は、換気の良い場所で使いましょう。

一方、

植物系ワックスで作られたキャンドルは火を灯しても、安全性が高いです。

植物系ワックス

ビーズワックス(蜜蝋)
ミツバチが分泌する天然素材。燃焼時に有害物質を発生させない。

ソイワックス
大豆から作られる。環境に優しく、健康にも安全。

パームワックス
アブラヤシから抽出される。美しい結晶模様が特徴で、有害物質を発生させない。

コットンシードワックス
綿の種から抽出された植物性油脂。天然素材で、安全性が高い。

キャンドルを選ぶ際は、なるべく植物系ワックスで作られたキャンドルを選びましょう。

芯|コットン以外の成分の可能性

安いキャンドルの芯には、コットン以外の成分が含まれている場合があります。

たとえば、

  • 鉛などの金属
  • 合成繊維

このような成分が含まれていると、火をつけることで成分が有害物質として空気中に広がる危険性があるんですよ。

キャンドルを選ぶ時は、鉛フリーやオーガニックコットンを使用しているキャンドルを選ぶと良いでしょう。

香り|合成香料にご用心

香り付きの安いアロマキャンドルには、合成香料が使用されることがあります。

アロマオイルやポプリオイルといった化学香料は、精油に含まれるような作用が期待できません。

それどころか、心身への悪影響があると言われているのです。

「香料」とだけ書かれたキャンドルではなく、精油を使用した安全性の高いキャンドルを選ぶのがおすすめ。

おしゃれで安心して使えるキャンドルおすすめ6選

なるべくなら、安心して使えるキャンドルに越したことはないですよね。

ここからは、素材にこだわりつつも、デザインがとってもおしゃれなおすすめキャンドルを厳選してに紹介します。

①LA JOLE MUSE アロマキャンドル

¥3,638 (2024/06/17 20:16時点 | Amazon調べ)

安心ポイント

・天然ソイワックス
・木芯

存在感のあるおしゃれなガラス容器で、どこかヴィンテージな雰囲気を醸し出すLA JOLE MUSEのアロマキャンドル。焚き火のようにパチパチと音でも楽しませてくれます。

P.F. CANDLE キャンドル

安心ポイント

・100%アメリカ産ソイワックス
・コットンウィック

置いておくだけでもおしゃれなP.F.キャンドル。強すぎない暮らしに馴染む香りが特徴です。天然香料と合成香料が使われていますが、安全性が確認された香料なので、安心して使えます。

③Petrala アロマキャンドル

¥3,179 (2024/06/18 08:56時点 | Amazon調べ)

安心ポイント

・100%天然大豆ワックス
・ドイツの良質な天然芯

・アルコールが含まれない安心のエッセンス

Petrala アロマキャンドルの香りは、天然素材100%のキャンドル。フランス産の良質なエッセンスで、モロッコの一日『朝の静けさ、昼の忙しさ、夜の暖かさ』を表現しているそう。小さなキャンドルですが「香りが本物」「おしゃれなお店の香り」と評判です。

④Aroma Naturals アロマキャンドル

¥1,998 (2024/06/17 22:07時点 | Amazon調べ)

安心ポイント

・ソイワックスブレンド
・特殊綿芯

Amazon限定ブランドのAroma Naturals。長時間燃焼型のキャンドルで約35時間燃焼し続けられます。天然大豆から精錬して作られたワックスがブレンドされていて、落ち着いた自然な香りが空間に広がります。

⑤Candle Fu アロマキャンドル 

¥4,620 (2024/06/17 22:20時点 | Amazon調べ)

安心ポイント

・100%ソイワックスブレンド
・コットン100%芯

・天然エッセンシャルオイル
・容器も天然木

キャンドルも容器も全て天然素材で作られているCandle Fuのアロマキャンドル。容器の木材は家具を作ったりする際の余った木材を使用しているため、キャンドル容器のために木を伐採していません。環境にも優しいキャンドルなんですよ。10種類の香りから選べます。

⑥LUCAS ホワイトセージソイキャンドル

セージ 浄化スプレー ルカス LUCAS
¥4,950 (2024/07/09 16:06時点 | 楽天市場調べ)

安心ポイント

・ソイワックス
・コットン芯

・ホワイトセージ、セージ精油
・ホワイトセージの葉

天然成分100%の浄化キャンドル。カリフォルニア産のオーガニックホワイトセージの葉が入ったルカスのキャンドルは火をつけるのが勿体無いくらいにおしゃれな佇まい。短時間で火を消してしまうと綺麗な形で溶けにくくなるので、30分~2時間くらい灯すのが良いですよ。

ホワイトセージの香りや効果についてはこちらの記事を読んでみてください。

キャンドルの楽しみ方

安全にキャンドルを楽しむためには、いくつかのポイントがあります。

キャンドルを楽しむために気をつけること

設置場所

キャンドルを置く場所に注意しましょう。換気の良い場所で、火の周りに可燃物がないか必ずチェックしてください。

点火方法

火をつける際には、周りに十分気をつけて行いましょう。

消火方法

キャンドルを消すときは口で吹き消すのではなく、専用のキャンドルスナッファーを使用するとキャンドルが綺麗に保てる上、より安全です。

キャンドルを使ったリラックス術

キャンドルの香りと灯りを楽しみながら、リラックスできる空間を作りましょう。

  • 朝の瞑想
  • 昼のひと息つきたい時
  • 夜の読書タイム

キャンドルを灯すのがおすすめです。

また、キャンドルホルダーやトレイを使って、インテリアとしても楽しむのも良いですね。

キャンドルの癒し効果についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

安全でおしゃれなキャンドルを楽しもう!

安いキャンドルは、低品質な材料が使われているものが多く、体に悪影響を及ぼす可能性があります。

安心してキャンドルを楽しむためには安いキャンドルに限らず、

  • ブランド物だから
  • 安くていい香りだから

といった理由だけでキャンドルを買うのではなく、材料に何が使われているかをチェックすることが大切。

今回ご紹介した6種類のキャンドルは、どれもおしゃれで安全性の高いキャンドルです。

ぜひ、自分好みの安全なキャンドルを見つけて、リラックスタイムを楽しんでくださいね。

foot-pochipp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次